くだらない日々リローデッド。
さっきから家の金魚が反対向きに浮かんでいる。
もうすぐ死ぬのだろうかと心配である。

この金魚は近所のおっさんが捨てるというので貰ったものなのだけれども、
白と赤の模様の、尾っぽがレースのような美しい金魚である。

思い当たることと言えば、今日の水替えの際に歯ブラシで水槽を擦っていて、
何回か頭にコツコツ当たったことだ。
ここ数日、僕はとても苛々しているので、つい手元が雑になっていたのかもしれない。
そういえば、子供達にも八つ当たりのようなことをしてしまっている。

大人だというのにほとほと情けないという気持ちと、大人だけど仕方ないという気持ちが半分半分で僕の中で渦をまいている。その中に金魚は反対向きに浮かんでいる。

そういえば、金魚といえば夏の季語だ。
「金魚死に幾日か過ぎさらに過ぎ 八田木枯」

s-R0017350
 











八田木枯全句集 [ 八田木枯 ]
八田木枯全句集 [ 八田木枯 ]


Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
無料オンラインセミナー